転売は100万円超えも。「PlayStation5」の超高性能っぷりに驚愕!

PS5
スポンサーリンク

佐田です。

遂に発売した「PlayStation5」買えただろうか?

日本にとどまらず、まぁいろいろな意味で世界を騒がせているこのゲーム機だが、実際どんな機能があって、どれだけすごいゲーム機としてこの世に降り立ったのか?

今回はそんな点を徹底解説していく。

スポンサーリンク

PlayStation5の基本性能

 

2020年11月12日に発売となったPlayStation5は、これまで世界中のゲーマーたちを騒がせてきたゲーム機の代表格として、満を持して登場している。ちなみに、同じ商品、ブランド名でここまで継続して発売されているゲームハードは、PlayStationが唯一。とても歴史を感じるゲーム機なのだ。

次世代機として登場したこのPlayStation5のスペックは、以下の通り。

今回はモデルが2つあるので、そちらも併せて紹介。

CPUx86-64-AMD Ryzen“Zen 2”
8コア/ 16スレッド
周波数:最大 3.5GHz まで可変
GPUAMD Radeon RDNA 2-based graphics engine
レイトレーシング アクセラレーション
周波数:最大 2.23GHz まで可変(10.3 TFLOPS)
システムメモリGDDR6 16GB
SSD825GB
光学ドライブ(読み出し専用)Ultra HD Blu-ray/BD-ROM/BD-R/BD-RE/DVD
映像出力HDMI OUT端子
4K 120Hz TV、 8K TV、 VRR 対応
外形寸法(最大突起部、ベース除く)PS5: 約390mm×104mm×260mm(幅×高さ×奥行)
PS5デジタル・エディション: 約390mm×92mm×260mm(幅×高さ×奥行)
質量PS5:約4.5kg
PS5デジタル・エディション: 約3.9kg
最大消費電力PS5:350W
PS5デジタル・エディション:340W
入出力USB Type-A 端子(Hi-Speed USB)
USB Type-A 端子(Super-Speed USB 10Gbps) x2
USB Type-C 端子(Super-Speed USB 10Gbps)
通信Ethernet(10BASE-T, 100BASE-TX, 1000BASE-T)
IEEE 802.11 a/b/g/n/ac/ax
Bluetooth 5.1

といった内容で、本来のPlayStation5と、PlayStation5 Digital Editionで本体の処理速度の面ではどちらも変わらない性能。違いは光学ドライブの有無と、それに伴うサイズや重量の差といったところですね。

 

光学ドライブは、長年使っているとヘタりやすいというか…他の部位と比較すると故障率が高いパーツであるため、これを機に光学ドライブとは決別する選択をするのも必要かもしれない。

価格はそれぞれ、

PlayStation5:54,978円

PlayStation5 Digital Edition:43,978円

となっている。1万円の差は大きい。

PS4より100倍速い読み込み速度

PlayStation5から標準搭載となったSSDと、その他ハードウェア周りの調整により、ゲームの読み込みが非常に早くなっている様子。話によると、PS4のおよそ100倍程度の読み込みスピードになる模様。

これにより、よりシームレスな演出が可能となる。アクションゲームとかオープンワールドRPGとか、その性能を十分に生かしていただきたいところ。

Ultra HD Blu-rayがすごい

Blu-ray Disk自体はPS4から採用されていた媒体だったが、PS4の場合は最大容量が50GBとなっていた。これがPlayStation5で採用されているUltra HD Blu-rayは、なんと容量が2倍の100GBに。

大容量の媒体=それだけでグラフィックを向上できるので、素晴らしい進化。

スポンサーリンク

PlayStation5で、こんなことができる

ゲーム機としての性能は非常に高いことがわかったが、PlayStationシリーズの魅力はそれだけではない。ゲーム機以外の機能も満載で、それを目当てに買ってもいいんじゃないか?と言われるような素晴らしい付加価値が満載。

PS2はDVDビデオの再生、PS3はHDレコーダーとして使えたり、DLNA機能が充実していたり、PS4は数多くの動画配信サービスに対応していたりと、その時代のトレンドをいち早く取り入れ、製品化をしている。

ではPlayStation5ではどんなことができるのか…結構いい機能、サービスが用意されており、期待を裏切らない結果となっている。

PlayStation Plusコレクション

PSユーザー向けの有料サービス「PlayStation Plus」は利用している方も多いと思うが、PlayStation5ユーザー向けに「PlayStation Plusコレクション」というサービスが提供されている。

これは、PSPlusに加入しているだけで、追加の費用がなく、PS4で人気だった作品遊べる

ソフトのラインナップは以下の通り。

Bloodborne
Days Gone
Detroit: Become Human
ゴッド・オブ・ウォー
InFAMOUS Second Son
ラチェット&クランク THE GAME
人喰いの大鷲トリコ
The Last of Us Remastered
Until Dawn – 惨劇の山荘 –
アンチャーテッド 海賊王と最後の秘宝

バットマン:アーカム・ナイト
バトルフィールド 1
コール オブ デューティ ブラックオプス III ゲーム オブ ザ イヤー + ゾンビクロニクル同梱版
クラッシュ・バンディクー ブッとび3段もり!
Fallout 4
FINAL FANTASY XV ROYAL EDITION
モンスターハンター:ワールド
ペルソナ5
BIOHAZARD 7 resident evil

めっちゃ豪華!これがPSPlusに加入しているだけで遊べる。非常にお得感が高く、満足できるサービスとなっている。

動画配信サービスの視聴

いわゆるサブスクリプションサービスとして数多くのサービスが提供されている動画配信サービスですが、そのサービスをPlayStation5から使えるというもの。現在発表されている情報では、YouTube・Apple TV・Netflix・Twitch・Spotify、Amazon Prime VideoとDMM見放題チャンネルライト、HuluとU-NEXTが対応。実に9種類もの動画サービスアプリが標準搭載されている。

これだけあれば文句なし!の充実具合。

日本向けというか、テレビ局や携帯会社が提供している動画サービスは対応していない様子。

リモートプレイ機能の強化

PS4でも搭載されていたリモートプレイ機能だが、PlayStation5にも搭載。

PCやスマホから自宅のPlayStation5にアクセス。離れたところからでも操作ができてしまう超便利機能だが、これがPlayStation5ではさらにパワーアップ。なんとPS4からPlayStation5が操作が可能になった。

すなわち、デュアルショック4を使ってリモートプレイができるということ。非常に快適な操作ができることだろう。

快適なゲームライフは快適なゲームパッドで!自分に合ったモノを見つけ出せ!
ランクやキルレ、DPSなんて二の次。ゲームは楽しむことが大事なのだ。あ、DPSはごめんなさい頑張ります。佐田(@satalog787)です。 ゲーム業界事情が目まぐるしく進化を遂げている今、自宅ゲーマーの皆さんはどうだろうか。スティッ…
スポンサーリンク

PlayStation5にもできない、こんなこと

ゲーム機としての機能が非常に高く、これからのゲーム業界を引っ張っていく存在となることだろう。そんなPlayStation5だが、「これはできない!」ということもいくつか判明している。

一部のPS4ソフトは起動できない

PS4の後方互換機能により、旧ハードであるPS4のソフトもPlayStation5で遊ぶことが可能。PS4対応ソフトは4,000本と、数多くのソフトが発売されているが、PS5での互換性、なんと99%!ほとんどのソフトが対応している状況。安心して手持ちのソフトで遊んでいただきたい。

残念ながらPS5でのプレイに対応していないタイトルも確認されており、日本で発売されたタイトルのうち、

『Robinson: The Journey』『Joe’s Diner』

の2本は、起動不可との情報確認されている。

他、一部のゲームファンからいまだに根強い支持を受けている『P.T.』も起動不可の模様。

PS4で使っていたセーブデータが使えない可能性

PS4で発売された、『龍が如く7』が、2021年3月2日にPS5版にアップデートできる予定となっているが、その際今まで遊んでいたセーブデータは引き継げない模様。

これ、結構致命的なデメリットじゃない…??

PS1~3ソフトへの後方互換無し

今まで、後方互換の有無で毎度毎度騒がれているPlayStationシリーズだが、PlayStation5ではPS4との互換のみで、初代PS、PS2、PS3タイトルを遊ぶことはできないとのこと。

とはいえ、初代PSは26年前のゲーム。もう、いいんじゃないかな…と個人的には思っている。

スポンサーリンク

PlayStation5は、世界的にも品薄状態

ゲーム機の発売=各店に行列…というのはもう古い文化なのだろうか。PlayStation5は現在予約受付分しか販売されていない。一般発売も無くはないらしいが。しかも、予約すれば買えるわけではなく、抽選に勝った者のみが購入権を手に入れることができる。

予約者しか買えない

市場はというと…予約が開始された瞬間に次々と販売枠が埋まっていき、12日の発売分は早いタイミングで予定枠数が埋まる事態に。

この状況は長く続くことだろう。今現在も、各店舗が〇月〇日入荷分の予約受付開始!とネットを賑わせています。全部抽選だけど。

ゲーム機は安い買い物ではなく、買おうか…買わまいか…と、葛藤の中で決断をする方が多いと思うが、こういう買いたいときに買えない状況だと、要る/要らないは二の次で、とりあえず予約しておかないと!という考えに至ってしまうような感じがしてあまり好きではないな…。

価格が高騰

予約してもすぐには手に入らない、そもそも予約が抽選式、ゲームの面白さというよりは、所持していることがステータス、的な見られ方をしてしまいそうなPlayStation5だが、やはりというべきか、転売の餌食になっている。

100万円て。まぁこれはネタとしての価格設定だろうが…

各フリマサイトやオークションサイトでもこんな状況。

↑ヤフオク

↑メルカリ

 

転売、ダメ!ここで買ってもメーカーは潤わないし、度々社会問題になっている。状況は違えど、近々だとマスクの転売ヤーに対して法的な処罰の対象となった事象もある。

しかし、10万オーバーで知らん人からゲーム機買うって、こわいけどな~。

落ち着くまでは

とまぁ、欲しくても手に入らない状況ではあるが、来る年末商戦までには潤沢に台数を確保できるようにメーカーも動いている。

https://socom.yokohama/games/ps5/37199/

クリスマス商戦までにはすべての希望者にいきわたるように!という意気込みも見せてくれてているし、これに期待したい。なーに、あと一か月そこら。

残念ながら、2021年3月になっても潤沢な状況にはなっておらず、発売当初と同じような抽選予約での購入がメインとなっている模様。また、転売価格も7~10万円ほどで推移しており、こちらも状況が改善されているとは言えない。

スポンサーリンク

総評

ゲーム機としての大きな進化を見せたPlayStation5だが、この機種もゲームの一時代を築くハードになってくれそうな予感。

デモ映像などを観ていますが、本当に描写が自然で、風が吹いている光景、海のうねりや煙の表現など…細かいところまで計算しつくされており、ゲームへの没入感がさらに高まっているように感じられた。

価格で言っても、こんなに性能の高いゲーム機が4万円弱で買えるというのも大きな魅力。PS4とかPS3など、過去のゲームハードと比べてもPS5の発売開始時の価格はずっと安い。

ぜひ、潤沢に在庫がそろって買えるようになって、欲しい人が買いやすい状況になってくれることを願っている。

ではでは、佐田でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました