バルミューダのスマホがソフトバンクから発売予定!オシャレでかっこいいに決まってるよね!

SIMフリースマホ
スポンサーリンク

佐田(@satalog787)です。

ついに来た。家電メーカーの中でトップクラスのデザイン力を持つ「バルミューダ」が、ついにスマホ業界に手を出した。あのおしゃれ扇風機のメーカー⁉と、激震とともに、果たしてどうなる事やら…という漠然とした心配が浮かんだ。

 

この記事は

 

・バルミューダの優れたデザイン力

・これまでのデザインケータイとは

・バルミューダが開発しているのは外装だけではない

 

といった点をポイントにしています。

 

スポンサーリンク

家電メーカートップクラスのデザイン

バルミューダと聞いて、聞きなじみがないメーカーと思ってしまう人は多いだろう。決して大きなメーカーではないゆえに、一流メーカーが目立ってしまう家電産業では陰に隠れてしまうのは無理はない。

だが、このバルミューダというメーカーから出ている家電のうち、2つはオシャレ家電ブームの火付け役となった製品。観たことがある人も、使っている人も多いだろう。

扇風機

The Green Fanというブランドで発売されている扇風機。一般的な扇風機から出される直線的な風ではなく、包み込むような、自然界の風に近い吹き方をする。

確かに優しく、風が当たってる!という感覚よりは頬を撫でるという表現がしっくりくるような、それでいて決して弱い風ではない、研究の成果が確かに感じられる一品となっている。

DCモーター搭載により、節電効果も期待できる。2010年代に巻き起こった節電指向、公休家電ブームの波に乗り、評判となった家電。

オーブントースター

高級食パンブームとともに、高級オーブントースターも売れた。その火付け役となった製品。BALMUDA The Toasterという名称で発売されている。

瞬時に庫内の温度を上昇させ、外はサクサク、中もっちりを体現した食パンが食べられる。良いパンが食べたいならマストアイテムだし、安いパンでもレベルアップできる。やはりマストアイテム。

 

家電ブームを巻き起こし、オシャレ家電メーカーの代表格となったメーカー

このように、オシャレなだけではなく、多くの人が欲しがるような性能を持った家電を作り、見事ブームとなっている。また、これらの製品だけではなく、このメーカーから出ている製品は一貫してオシャレ。優れたデザイン力を持っているメーカーなのだ。

 

↓↓【追記記事】こちらもどうぞ。デザインの一部公開中。

バルミューダスマホの実態が明らかに。高いデザイン性の片鱗が!新ブランドも発足!
佐田(@satalog787)です。 以前書いた「バルミューダのスマホがソフトバンクから発売予定!オシャレでかっこいいに決まってるよね!」といった記事を公開して約3か月。少しずつバルミューダスマホの情報が明るみになっている。 …
スポンサーリンク

各キャリアのデザインケータイ

これまでもケータイ産業には数多くのオシャレデザイナーが参入してきている。各キャリアで取り上げられたデザインケータイを紹介していく。

ドコモ

デザイナーによる作品というよりは、ドコモは多くのアニメやキャラクターとコラボしたスマホを世に送り出してきた。

エヴァケータイなどはフィーチャーフォン時代からコラボしたドコモ×アニメの代表例。

そのほかにもジョジョの奇妙な冒険やワンピースなど、有名作品とコラボしている他、初音ミクのデザインが施されたXperiaは、MIXPeria(ミクスペリア)という愛称で話題になっている。

au

auは3キャリアの中で最もデザインケータイというものに注力したキャリアではないだろうか。

au Design projectというデザイナー集団から送り出されたケータイはどれも洗練されており、中にはニューヨーク近代美術館(通称MoMA)のコレクションに選定されるなど、デザインとしては最高峰の評価を受けている。

最も印象深いとされているのはフィーチャーフォン時代に発売されたINFOBARや、neon、PENCKなど、ガラケー時代に多くのデザインケータイを生み出している。

Softbank

Softbankはお金の使い方が豪快な会社だ。デザインに関しても著名なデザイナーを起用することがしばしば見られた。

有名どころで言うと、PANTONEだろう。色見本を作っている会社なのだが、この色見本をモチーフにしたケータイをデザインし、販売している。

このデザイン欲もそうなのだが、驚くべきはそのバリエーション。鮮やかな色見本をモチーフにしたPANTONEケータイは、数色のカラバリで発売するわけにはいかなかったのだろう。

2012年に発売された、PANTONE6シリーズ目となるPANTONE6では、なんと25色展開で発売された。もちろん全て別の機種となるため、販売店はてんやわんやだっただろう…。全色揃えるだけで25台分発注していたと思うと…。

BALMUDAのスマホはSoftbankから発売

3つのキャリア特長を紹介したところだったが、バルミューダから発売されるスマホは、SIMフリー版で発売されるほか、キャリアからはSoftbankが独占販売することが決定している。

キャリア経由で購入することで割引が受けられるため、安く購入したいユーザーはSoftbankで購入する方法をとる方法がおすすめだろう。

 

↓↓【追記記事】こちらもどうぞ。デザインの一部公開中。

バルミューダスマホの実態が明らかに。高いデザイン性の片鱗が!新ブランドも発足!
佐田(@satalog787)です。 以前書いた「バルミューダのスマホがソフトバンクから発売予定!オシャレでかっこいいに決まってるよね!」といった記事を公開して約3か月。少しずつバルミューダスマホの情報が明るみになっている。 …
スポンサーリンク

バルミューダはスマホアプリも開発している様子

スマホの本体をデザインするほかにも、バルミューダは内部のデザインにも入り込んでいる。

このスマホのプリインストールアプリには、バルミューダの独自アプリが多数内蔵されることが予想される。これまで数々のブームを作り出してきたメーカーだ。幅広いマーケティング力で、ユーザーが欲しがっている機能満載で発売されることが期待される。

スポンサーリンク

差別化の要はアプリケーション

スマホならではの体験価値として、バルミューダが差別化の力点を置くのは「アプリ」だ。バルミューダ独自のアプリを複数開発しているという。

「スマホの『良きこと』は画面の中、アプリケーションで行われる。私たちはスマホに多くの時間を使っているが、たくさんの種類のアプリを普段使いしている人は多くはない。結局、普段使いのアプリは集約されてくる。

おそらく、普段使いのアプリはiPhoneが発明されてからほとんど変わっていないのではないか。こうした普段使いのアプリに独創的なアイデアを盛り込んで、体験価値を高めることができると考えている」(寺尾氏)

 

スポンサーリンク

バルミューダスマホの発売は2021年11月予定

思えば、デザインケータイの発売は久しくなかったように思える。安さ、シンプルさが追い求められていた近年、スマホのデザイン性は二の次になっていたかもしれない。

日常に深く入り込んでいるスマホは、もちろんコスト面が重視される傾向にあるが、かっこいいスマホは一つのステータスになるということを忘れてはいけないのかもしれない。

洗練されたデザイン家電を世に送り出してきたバルミューダが、スマホ業界に一石を投じる時がやってくるかもしれない。発売は2021年11月を予定している。

それまでに出てくる多くの情報に目を光らせていきたい。

ではでは、佐田でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました