auスマホ 2020年秋冬モデル発表!

au
スポンサーリンク

佐田です。先日、auから新モデルの発表がありました。

なんと今回は、全てのモデルが5G端末という点も、話題になっていますね。

発表があったのは7機種。そのうちの4機種がGalaxy!多いですね。さすがの人気。しかもすべての機種が大きな特徴を持っている、個性派揃い。

では、6機種の基本スペックを紹介していきます。

スポンサーリンク

Xperia 5 II

まずはSONYから発売されるXperia5Ⅱです。エクスペリアファイブマークツーと読みます。ガンダムみたいですね。

基本スペック

メーカーSONY
画面サイズ6.1インチ
解像度2520×1080ピクセル
ボディサイズ158×68×8(㎜)
重量163グラム
RAM8GB
CPUSnapdragon™ 865 5G Mobile Platform 2.8GHz
ROM128GB

カメラ性能

カメラ性能画素数F値
メイン1,220万画素1.7
望遠1,220万画素
超広角1,220万画素
インカメラ800万画素

SONYらしからぬ、ノーマルな出来。奇をてらった新機能・独自システムのようなものもなく、とても普通に使える機種ではないでしょうか?

スポンサーリンク

Galaxy Note20 Ultra 5G

Galaxyの1機種目。この機種を追い求めてキャリアを変える人がいるほど、ファンの多いシリーズ「Galaxy NOTE」の新機種です。

基本スペック

メーカーSamsung
画面サイズ6.9インチ
解像度3,088×1,440ピクセル
ボディサイズ165×77×8.1(㎜)(最厚部10.8㎜)
重量208グラム
RAM12GB
CPUSnapdragon™ 865 Plus 5G Mobile Platform 3.0GHz
ROM256GB

カメラ性能

カメラ性能画素数F値
メイン1億8,000万画素
望遠1,200万画素
超広角1,200万画素
インカメラ1,000万画素

とても目立っているのがメインカメラの画素数。お、億…?って思いました。桁間違えてないですよ?他メーカーにもここまでのカメラを搭載している機種はないですし、これからもあまり出てこないのでは…?画素数の多さが画質の良し悪しを決めるポイントではないにせよ、これはちょっと気になるところですね。

スポンサーリンク

Galaxy Z Fold2 5G

畳めるスマホ、Galaxy Foldの2代目です。「変わり種端末」枠。畳めたり、画面の大きさからマルチタスクが制御しやすかったりなど、メリットはあるが、いかんせん重量が…

基本スペック

メーカーSamsung
画面サイズ7.6インチ
解像度メイン:2,208×1,768ピクセル
カバー:2,260×816ピクセル
ボディサイズ159×128×6.1(㎜)
※開いた状態
重量282グラム
RAM12GB
CPUSnapdragon™ 865 Plus 5G Mobile Platform 3.0GHz
ROM256GB

カメラ性能

カメラ性能画素数F値
メイン1,200万画素
望遠1,200万画素
超広角1,200万画素
インカメラ1,000万画素

シャツの胸ポケットなんかに入れたらずっしり感じます。が、使い勝手はかなりいい。2台持ちしてるようなモンですからね。メインでネット見ながらカバーでExcelいじって…とか、動画見ながらゲームしたり…とか、スマホの弱点であるマルチタスクがストレスなしでできるのはこの機種ならではの強み。

スポンサーリンク

Galaxy Z Flip 5G

新生折り畳み機種爆誕です。縦にパカパカできる、ある種懐かしい畳み方ができる機種。

基本スペック

メーカーSamsung
画面サイズ6.7インチ
解像度メイン:2,636×1,080ピクセル
カバー:112×300ピクセル
ボディサイズ167×74×6.9(㎜)
重量183グラム
RAM8GB
CPUSnapdragon™ 865 Plus 5G Mobile Platform 3.0GHz
ROM256GB

カメラ性能

カメラ性能画素数F値
メイン1,200万画素
超広角1,200万画素
インカメラ1,000万画素

これも「変わり種端末」枠という位置づけで、敬遠されがちですが…スペックは非常に優れていますよ。ポケットに入るコンパクトボディ、好きな角度で止められるので、動画視聴やビデオ通話時にスタンドが不要。意外と使い勝手はいいのでは。

公式ページには、「折りたためる極薄ガラス」を使用していると書かれていますが…理科の実験に使うガラスも相当薄かったけど、割れるよね。あれ。あれ以上に薄いのでしょうか…

 

スポンサーリンク

Galaxy A51 5G

今回最後のGalaxyです。前3機種はニッチな層に刺さる機種?かな?という印象ですが、これはスタンダードな端末。

基本スペック

メーカーSamsung
画面サイズ6.5インチ
解像度2,400×1,080ピクセル
ボディサイズ159×74×8.8(㎜)
重量189グラム
RAM6GB
CPUSnapdragon™ 765G 5G Mobile Platform 2.4GHz
ROM128GB

カメラ性能

カメラ性能画素数F値
メイン4,800万画素2.2
超広角1,200万画素2.2
マクロ500万画素2.4
深度測位用500万画素2.2
インカメラ3,200万画素

さすが、ふつう!でも、他と違う点があります。それは、インカメラ。インカメラの画素数が3,200万と、かなり高くなっています。まぁ、画素数は気にしないという方も多いのですが、高いに越したことは無い。インカメ多用勢は、ここが大きなポイントになるのでは?

スポンサーリンク

AQUOS sense5G

使いやすさを求めたAQUOS senseシリーズからも5G端末がついに発売されました。初ラインナップということで、期待も高まりますね。5G対応になりつつ、これまでの使いやすさ(端末の安さも)を踏襲してほしいところですね。

基本スペック

メーカーSHARP
画面サイズ5.8インチ
解像度2,280×1,080ピクセル
ボディサイズ148×71×8.9(㎜)
重量
RAM4GB
CPUSnapdragon™ 690 5G Mobile Platform 2.0GHz
ROM64GB

カメラ性能

カメラ性能画素数F値
メイン1,200万画素2.0
広角1,200万画素2.4
望遠500万画素2.4
インカメラ800万画素2.0

こういうのでいいんだよ、こういうので…という声が聞こえてきそうなほど、期待を裏切らないAQUOS senseですね。さすが。4G端末並みの普通なスペック!今までの5G端末は、どこか尖ったところを持っていて、若干うんざりしているところがあったという方も多いかと思いますが、この安心感は異常。

スポンサーリンク

Google Pixel 5

Google謹製の端末、一定のファンがいる、人気機種ですね。Androidのバージョンアップに、他機種よりも優遇されている点も人気の秘訣。長く使いたい方にはおすすめの機種です。

基本スペック

メーカーGoogle
画面サイズ6.0インチ
解像度2,340×1,080ピクセル
ボディサイズ144.7×70.4×8.0(㎜)
重量151グラム
RAM8GB
CPUSnapdragon™ 765G 2.4GHz
ROM128GB

カメラ性能

カメラ性能画素数F値
メイン1,220万画素1.7
超広角1,600万画素2.2
インカメラ800万画素2.0

そつなくこなせる優秀なスペックを持ったヤツって感じですかね。スナドラ765だし、メモリもそれなり…ここくらいが真ん中のスペックになるんでしょうね。長く使えることをメリットとして書いたから、CPUはもうちょっと上のがよかった…かも?

スポンサーリンク

まとめ

以上、auから発表された2020年秋冬モデルのスペック紹介でした。

今期のモデルは全て5G端末ということで、時代の移り変わりのスタートとなる雰囲気ですね。最初期に発売されていた、スペックは高い、値段も高い!といっただけのラインナップではなく、性能面を抑えて4G端末と同等の価格帯で出てくる機種もありますし、これを機に5Gスマホに変更するのもいいかもしれませんね。

機種選びの際に、参考にしていただければと思います。

ではでは、佐田でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました