根強い人気。iPhone SE(第2世代)は、誰にでもおススメできる名機?!

au
スポンサーリンク

佐田です。 2020年5月11日に発売された「iPhone SE」ですが、人気のある定番製品となっていますね。 基本スペックの紹介から、人気のポイントなど、具体的な人気の秘訣を解説していきます。

スポンサーリンク

こんな人におすすめ

iPhoneSEは、その使いやすさが魅力です。以下のような方におススメできる機種ですね。

  1. 手ごろな値段で使いやすい機種がいい
  2. 写真はキレイに撮りたい
  3. 手になじむ機種が良い

 

スポンサーリンク

iPhoneSEのスペック

iPhone SEの基本的な性能は、以下の通りになっています。

メーカーApple
画面サイズ4.7インチ
解像度1,334×750ピクセル
ボディサイズ138.4×67.3×7.3(㎜)
重量148グラム
RAM3GB
CPUA13 Bionic
ROM64・128・256GB

廉価版と見られがちですが、CPUはiPhoneラインナップの中で最高のA13 Bionicを搭載しています。全体的に押さえるところはきっちり押さえているスペックです。そして人気の秘密は以下の3点。この要素がシェア獲得に一役買ってます。

ポイント① 手になじみやすいコンパクトボディ

iPhoneの魅力の1つ、「コンパクトなサイズ」ではないでしょうか。昨今のスマホは大画面化が進んでいて、動画やゲームを楽しむのにはとても役立ちますが、その反面「持ちづらさ」が拭えません。スマホを使っている方も、コンパクトサイズのスマホが欲しい…と思っていることが多い印象です。このiPhoneSEは、画面サイズが4.7インチと、今の一般的な画面サイズよりも一回り小さい機種となっています。それに伴い、ボディサイズも非常にコンパクト。女性でも片手操作が楽にできます。

ポイント② イヤホンジャック搭載

これ、地味にうれしい進化(退化?)じゃないでしょうか。ハイエンドモデルを筆頭に、最近のスマホには3.5φのイヤホンジャックが搭載されていません。薄型化、見た目のカッコよさなどを出すのにどうしても削除対象にされてしまいがちですが…有線イヤホンはまだまだ一線で活躍するアイテム。ハイエンドモデルの機種との差別化をはかれますね。

ポイント③ 安価な価格設定

なんといっても値段は機種選びの中でも重要な要素です。これに関しては他のスマートフォンと比較しても安い部類に入りますし、iPhoneのラインナップの中でも安価に設定されています。iPhoneにはしたいけど、iPhone11は予算オーバー…といった際に選びやすい機種です。しかも、安いといっても性能面はiPhone11に引けを取らないスペックになっています。そこはご安心を。

スポンサーリンク

カメラ性能

スマホ購入の際の、一番の決め手、ポイントとなっているといっても過言ではない、カメラ性能。 iPhone SEのカメラは一体どんな特徴があるのでしょうか?

アウトカメラは1つ搭載。

ミドル以上のスマートフォンには2つ以上の複眼カメラが主流となっていますが、コストの面でしょうか、iPhoneSEには1つのカメラのみ搭載となっています。そのカメラに関しては、以下のスペックとなっています。

画素数 F値
アウトカメラ(メイン) 1,200万画素 1.8

とてもシンプルに、超標準的な装備です。が、比較的明るめのレンズを使っているので、どんなシーンでもキレイに撮影できる能力は持っていそうです。

 

スポンサーリンク

iPhoneSE「ならでは」ポイント

iPhoneSEは、ワイヤレス充電に対応しています。

いや、珍しい機能でもないのですが、ポイントは「この価格なのに」それができるという点。

ミドル~ハイエンドモデルによく搭載されているのですが、比較的お安い機種でこれを体感できるのはメリットです。

おくだけ充電の快適さ、ぜひ試していただきたいです。

 

スポンサーリンク

総評

以上、iPhoneSEのスペック・使用感を踏まえた記事となっていますが、こうやってみると、とてもバランスの取れた機種という感じですね。

決してハイエンドモデルのような「何でもできます!」といった機種ではないが、おおよそ一般的に使う機能はそつなくこなせる実力を持っています。

機種選びの際に、参考にしていただければと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました