自宅で超手軽にPCR検査。GME研究所ってどんな会社?

サービス
スポンサーリンク

コロナウイルスが猛威を振るっている今、「自宅で手軽に、予約なども必要なく、誰とも会わずにPCR検査を行う」方法、ご存じだろうか?検査のために医者に自宅訪問してもらうとか、そういうことではない。

ある研究所が受け付けている、セルフPCR検査が話題になっている。先日、そのPCR検査を実際に行ってみたのでその詳細を紹介していく。

スポンサーリンク

自宅で手軽にできるPCR検査

この手の検査の最大の特徴でありメリットは、手軽に自宅で行えるといった点。コロナウイルスの検査というものは、風邪やインフルエンザの検査のように、フラッと病院へ出向いて、サッと実施できるものではない。あらゆるハードルを越えていかなければならないのだ。最近はそのハードルも緩和されてきたというが、それでもまだ「手軽」とは言えない状況だ。

PCRの検査キットは郵送でも対応可

佐田が今回受験した方法が、「郵送検査キット」によるPCR検査。PCR検査キットを購入し、自宅に届いたら検査実施。その検体を箱に戻し、郵便にて返送するもの。

PCR郵送検査は「GME医学検査研究所」にて

今回PCRの郵送検査を依頼したのは「GME医学検査研究所」という機関。株式会社GMEという会社が運営している。この度のコロナウイルス感染症の流行前から、各種感染症の検査を行ってきたため、信頼度も高い会社となっている。

対応している検査内容は「癌検査」「B型・C型肝炎」「性病」「血液検査」など多岐にわたり、今は「新型コロナウイルス」の検査も対応している。

性病検査をお考えなら郵送検査のGME医学検査研究所
性病検査などの郵送検査をお考えの方はGME医学検査研究所へ。国立大学協力のもと他社にない精度の高い検査を実施しております。登録衛生研究所が運営しており、送付方法や検査結果の確認方法はご希望のスタイルでお選びいただけます。

非対面で検査ができる安心感

インターネット上でこの検査キットを購入し、自宅で検査。検体を送って、検査結果はネット上で確認。本当に手軽。人に会わない。この検査に際して誰かに阿波なくればならないとしたら。1名の郵便局員くらいか。

スポンサーリンク

検査キットの内容物

検査キットはいたってシンプル。唾液の採取のみとなっているため、方法も簡単。今回検査を依頼したのは「PCR検査」のみで、14,500円。過去の感染も検査できる抗体検査も一緒に行いたい場合は、18,000円のキットが必要となる。

こんな箱にすべてのキットが入っている。

 

箱の中には消毒用のコットン、検体採取用カップ、スポイト、不活化液入りのカプセル。

 

あとは返送に使う密閉用のパウチ。粘着テープが張り付けられているので、がっちり閉じられる。

 

あとは検査キットとは別に申込書が同封されているのだが、その申込書に必要事項を記入。検体カプセルをパウチに入れてしっかりと貼り付け。申込書と一緒に外箱に戻し、箱の3辺をテープで留め、発送伝票を貼り付け。郵便局へ。

注意点としては、郵便伝票は元払い。代金を用意して郵便局へ行く必要がある。

 

検体が機関に到着後、1~2日という恐るべきスピードで結果が出る。このスムーズさも良い。

スポンサーリンク

証明されることは自信につながる

今回の検査で、晴れて「陰性」が確認された。普段から気を付けてはいるが、これで陽性となっていたらいろいろ自信を無くすところだったが…日頃の警戒行動が実績につながっているようだ。

このように、ちょっとしたことが不安につながってしまう未知のウイルス。自分の行動が正しいのか、を確認するためにも、検査を実施してみるものいいのではないだろうか。

それでは、佐田でした。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました